試合での仲間の応援の仕方


JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術






コンバッチ!!(試合開始の合図。ポルトガル語で”戦闘開始”的な。)








おおーーわくわくする。






『はい!!●●さん。自分から引き込んでもいいよ〜。』




『相手見てるから、行っちゃいましょう。得意なやつ!!』




『腕伸びてるよ〜!!自分から仕掛けていきましょう!!』




『●●さん2ポイント入りました。残り3分です。』









あわわわわ・・何言えばいいんだろう?






試合の応援なんてしたことない人は、この若干、殺伐としたセコンドの


声に気圧されるだろう。そして何を言っていいのかわからないから


オロオロするかもしれない。




しかし大丈夫。


最初のうちはこれを10秒に一回連呼すればよし。








●●さんファイトー!!








これでOKである。








ちなみにセコンドが言ってることは以下に大別される。






〇弔蟷間


▲櫂ぅ鵐箸両況


9圓韻修Δ糞


じ亀い鼎



セ邱臍蠎蠅悗凌翰的ゆさぶり







,泙沙弔蟷間。これはみんなが見えるタイマーがある場合と、ない場合があるので


ない場合は、セコンドがストップウォッチを使って時間を測ってあげる必要がある。


レフェリーが試合を中断するときも、同時に止めるので気を抜けない。これが出来るのは


セコンド上級者だ。






▲櫂ぅ鵐箸両況だが、柔術のポイントはポイント板を見ればわかる。


試合中の人でも横目で見ることもできるが、5年やっている私でもいまだに


見方がわからない・・。なので、セコンドが教えてくれると助かる。









何この暗号??






9圓韻修Δ糞擦世、セコンドが見て客観的に行けそうな技を教えてあげる。というものや


ミスしがちな側面で、「そこしっかり相手押さえて乗りすぎないよ〜。」


といった即席アドバイスをするものだ。しかし、これは上級者じゃないと


あまり言わない方がいい。なぜなら、これは極めてセコンドの主観であることが多く、



試合している人からすると、聞こえてても「んなもん、行けるか!!」と思うことも少なくない。


セコンドのいうことを聞いて負けることもあるし、下手に動けない側面もある。


しかし、い元気づけやイ料蠎蠅悗ゆさぶりへもつながるので、本人が嫌がってなかったら


ガンガンいうべし。






い慮亀い鼎韻世、これは、「●●さんファイトー」でだいたい、まかなえる。


これはメンタルへアプローチするものなので、様々な呼びかけができる。



とある道場の先生は、かなりエモーショナルに声援することで有名だ。


「お前、ここであきらめてどうすんだよぉ〜。出し切らないと後悔するぞぉ〜!!」


といったような、かなりドラマチックな応援をする。


ここまで熱心に声援してくれる先生のもとで練習する生徒は幸せ者であろう。





しかし、私が思う、一番効く元気づけは子供たちの声である。キッズクラスの子供たちが


負けるなー!!というときにオッサンの底力が、どこからか湧いてきて


普段の1.1倍くらい頑張れる。子供のためにかっこいいところを見せるというのは


やっぱり大人の努めなのだ。






イ料蠎蠅悗里罎気屬蠅世、これも結構慣れていないと難しい。


基本は、相手が狙っている技をあらかじめ教える事により


それをやらせない。という効果を狙ったり


柔術というのは戦いながら休むということができるので、その時にすかさず


「はい。今、相手休んでるから、チャンスだよ〜。」というのを


いいタイミングで、シラっと言うと結構相手に心理的ダメージを与えることができる。


しかし、連発すると逆に相手の怒りのパワーを呼び起こすことになるから注意が必要だ。


また、ヤジともとられるので、あそこの道場はマナー悪いな。と言われがちなので気を付けよう。


審判へのヤジや審判がキレるような事をいうと、戦っている選手が失格になるのできをつけたし。








応援の基本は、とにかく自分が心の底から仲間に勝ってほしいという気持ちを声で伝えることだ。








●●さんがんばれーーー!






そうその調子だ。






パローーー!!(試合終了の意味。ポルトガル語で離れなさい。的な。)






あ、終わった。







仲間の勝ち。




おおーーーー!!!


え?勝ったの?なんで?




2点取って逃げ切ったんだよ。




??・・・やったーーー!!!




柔術の試合を初めて見た人は、なんで勝ったのか、またはなんで負けたのかよくわからないかもしれない。


これは、柔術のルールを把握していないと、どこでポイントを取ったのかが分からないからだ。




柔術の試合は、相手から参ったを取る一本勝ちと、得点を重ねてポイント勝ちするの2種類がある。


(その他にアドバン差で勝つというのもある。)


一本勝ちは確かに美しいが、まぁそんなによくあるもんじゃない。だいたい5試合に1試合くらいだ。


ルールに関しては、今回は省く。










『みなさんの声援のおかげで勝てましたよ。ありがとうございます。』








よかったよかった。






応援してみてどうだった?






なんか、自分の事のようにうれしいね。


そして、みんなも同じように喜んでいる。









チームメイトが自分の休みを返上して、仲間の応援に行く。


個人競技なのに、どうしてわざわざ行くのだろう?



それは、常日頃一緒に練習して、頑張っている仲間の姿を見ているからだと思う。


苦しい時も、楽しい時も、乗り越えてきた仲間だからじゃないかな?









試合は大人の部活の一つの到達点。たまには仲間の試合を見に行ってみよう。


試合に出ているどの人たちも、並々ならぬ決意でやってきているから


とっても熱いものがあるよ。そういう人たちを見ると自分も、いい啓発を受ける。


そして、より強く仲間を意識するチャンスでもある。







今日は応援に来てよかった。試合の応援っていいね。









コメント
コメントする








   

Let's Bjj オンラインショップ

letsbjjonlineshop
オリジナルグッズ販売しています。

おすすめ道場

プロフィール

柔術家がよく見るページ

マスト

Scivation XTEND / サイベーション エクステンド (レモンライム 1kg)
Scivation XTEND / サイベーション エクステンド (レモンライム 1kg) (JUGEMレビュー »)

世界の柔術家、御用達BCAAサプリ SCIVATION XTEND おそらく普通の人はこれ1つで1年持つでしょう。これ飲んで強さを加速させよう。私はレモンサワー味一択です。

マスト

ブラジリアン柔術教則本 DVDつき
ブラジリアン柔術教則本 DVDつき (JUGEMレビュー »)
早川 光由
柔術の基礎を学びたかったらこの本を買ったほうがいいです。ただし、本気で学びたかったら実際トライフォースに来て学んだほうがいいです。本では気が付かない驚くほどのディティールを詰めて教えてもらえますし数年やってる私でも毎回新しい発見があります。ここに書いてあることだけで紫帯くらいまでは優勝できる。と言っている人もいました。ちなみにこれはトライフォースのベーシックカリキュラムの教則にもなっている本で、トライフォースネットワークのインストラクター資格が欲しかったらすべて再現できなければいけません。これから柔術を始める方は持っていても損はないでしょう。数多とある柔術の動きを、基礎はこれだ!とこの1冊にまとめ上げた早川先生はすごいと思います。あの技はないの?というのもあるかもしれませんが、あえてこのようにまとめているのです。また、一つ一つの技は技として有効だと教えているわけではなく、意味のある動きの集大成である。と先生に聞きました。どういうことかというと、今後覚えていくであろう技にも、きっと含まれている動きで、それは柔術の効率的な身体動作のエッセンスの集大成を意味します。

マスト

ブラジリアン柔術ベリンボロ
ブラジリアン柔術ベリンボロ (JUGEMレビュー »)
芝本 幸司
師匠の本がついに発売。ぶっちゃけ初心者向けではないですけど、モダンの動きを取り入れたい方にはオススメです。個人的には、もっと芝本エピソードを盛り込んでほしかった。芝本先生は文才も結構あるんです。ベリンボロコンセプトは、現代の競技柔術では、多用されていますし、これを知らないとガンガンかけられてしまうでしょう。この本に書いてある技術は、芝本先生編のベリンボロで、巷にはこれ以外の使い方もあると聞きます。是非ともこれを見て分析の一助にしたり、自分なりのルートを作ってみてください。ちなみに、僕はベリンボロは習えばだれでもできる技だとは思いません。ベリンボロ向きの体型や体の柔らかさ、もっといえばセンスが大きく占めていると思います。選ばれしものしかできないんです。それを追いかけるロマンがあるのでしょうね。

目次

このブログは時系列に読むのががおすすめです。 始めて来た方は以下の目次順にお読みください。

Fujiwara other works

ブラジリアン柔術道場がブログで人を集める方法
ブラジリアン柔術道場がいかにして、ブログで集客するかを教材化しました。
crossamerica
2016年に行ったアメリカ横断レポです。
notelogo
柔術以外のことを書いたりしています。
Facebook
私のフェイスブックです。気軽にフレンド申請してください。
soundcloud
実は音楽も作っています。テクノとかゲーム音楽です。

PR

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

その他

mobile

qrcode