ブラジリアン柔術を動画で学べるのか?

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

カラテを通信教育で学ぼうなんていうと、昔はギャグでしたが、ブラジリアン柔術の場合、動画で学んで強くなるというのは、もはや、常識になってきていますね。今回の記事は私が思うBJJを動画で学ぶということについて、思うことを書いていこうと思います。

 

.屮薀献螢▲鷭製僂亘榲に動画”だけ”見て強くなれるのか?

無理だと思います。まずここで勘違いしてほしくないのは、やったことない人が、動画みただけで強くなるわけがないということです。それこそカラテの通信教育みたいなものです。ブラジリアン柔術を動画で学ぶというのは前提として、ある程度基礎知識が必要です。寝技というものがどういうものか、最低でも1年くらい道場に通って、わかってから、自分がやってみたいテクニックやコンセプトのことを調べ始める。というようなプロセスが必要だと思います。いきなり何もわからない人が数人集まって、動画を見ながらみようみまねでやる。なんてソリッドな環境もあるかもしれませんが、効率は悪いです。ある程度経験者に戦いのセオリー(パスガードや、ガード)を習ってから、それにアドオンする感じでテクニック動画を見ていけばいいと思います。そして、習得した技を試す場所も必要です。つまり道場は必須です。ただし例外もあって、たとえばこれまでベーシックと呼ばれていた動きをすっとばしていきなりベリンボロなどのモダン柔術の練習をして、それをモノにして強くなる。というパターンもあります。そう。岩本がそうでした。ただし彼は地頭がかなりいいので、例外中の例外です。彼の練習法は彼の頭脳あってのことなので、一般人には逆に敷居が高いです。そのうちそれを解明する教材を作りたいと思っています。

 

△匹離瓮妊アでみればいいのか?

動画の前は、写真と文章だけの本を見てやってる時代もありますし、今でもそれがいい。という人もいますね。また動画といってもDVDや書籍の付録のDVD、それからオンデマンド、Youtubeがあると思います。どれがいいか?というとこれからの時代は間違いなくオンデマンドでしょうね。オンデマンドって何?っていう人は、エロ動画を思い出してください。エロ動画を今でもツタヤでDVD借りている人もいるでしょうけど、たいていの人はスマホで、xvideoで無料で見たり、DMMとかで月額で見ていると思います。それがオンデマンドです。オンデマンドのいいところは、当たり前ですが、どこでもいつでもスマホ見れる(正確には回線次第)。これに尽きるでしょう。ですが、家でじっくりDVDでみたい。なんていう人もいるので、今でもテクニックDVDは売れています。またDVDはリセールもできるので(ヤフオク、メルカリとかで売れる)そこがいいという人もいるでしょう。私はDVDプレイがーやもう手元にないので、DVDでサンプルをもらったりすると、正直困ります。見れないのです。あとDVDはケースが場所を取るので嫌です。そして何よりも画質がSDなのが嫌です。今後5Gが普及すれば、どこでも滞りなく高画質なもの見れるようになるのが当たり前になるし、スマホ普及率もほぼ100%なので、DVDは間違いなく死に絶えるでしょう。CDみたく。

 

どの動画を参考にすべきか?

結局ここだと思います。テクニック動画は飽和状態です。Youtubeに死ぬほどあります。ですが人は死ぬほどあると、逆におっくうになって、全く見なくなるものです。Let'sBJJでは3年前からテクニック動画をアップロードしていて、いつのまにかフルフォースに次ぐ国内ナンバー2の柔術動画サイトになっていましたが、とてもありがたいです。ですが、それは、当時からYoutubeではテクニック動画は沢山ありましたが、案外ベーシック系がないことに気がついた私はベーシック系の動画を中心に制作したのが良かったんだと思います。ベーシックは普通所属道場で学ぶものですが、他の道場のやり方を見るのが面白いんだと思います。話を戻すと、Youtubeの動画は単発な技が多く、実際それがどういう状況でどういうコンセプトの中でワークするのか?というのが分かりづらい物が多く、そのせいで、Youtube動画は使えない。みたいな意見もちらほらありました。これに関しては半分作り手、半分受け手の問題なんだろうな。と思います。つまり、説明する側も不親切、見ている人も木を見て森を見れてない。という状況だったんだと思います。今は作り手のレベルも上がってますし、習得する側も自分の柔術にいかにテクニックを組み込むかを習う人が海外を中心に増えている(と思う)のでますます動画で学ぶということが活性化していくと思います。

 

て芦茲燃悗屬海箸呂いい海箸覆里?

それは個人の考え方です。所属の道場で教えられた技しか使うな!なんて話も聞いたことがあります。そういうのが嫌な人は、事前に確認しておきましょう。ところで、自分は数年前にAOJオンラインに契約して1年くらいして解約しました。所属道場のトライフォースオンラインも解約しました。理由は一つ、見るのがおっつかなくて金だけ払うのが嫌になったからです。オンライン系はサブスク(定期購読)なので、柔術以外にも自分の場合はネトフリとかApplemusicやアドビに月に2万円くらい払っていて、とてもじゃないですが、全部を追えない状況なのです。だから見ないものから解約したまでです。ところで、サブスクを販売する側のメリットは、一度契約させたら、あまり解約されないので儲かる。と思われていましたが、逆に更新し続けないといけない辛さがあると思うので、最近はコンセプトごとにオンデマンドで売るのが主流になりつつあると思います。また、自分の場合は人から直接習って、試してさらに深めたいときはYoutubeで検索して探す。くらいで丁度いいです。ただし、試合で勝ちたい。という人は動画で学習するのはもはや必須と、岩本も言っていましたので、そうなんでしょう。最新の試合動画をフローグラップリングで見て、そこで使われているテクニックを知って、BJJファナティックスで買えるものは買い、それを数人のチームで試しながら自分のコンセプトに組み込む。これが最短で強くなるコツのようです。(それ以外に必要なのは結局戦略的に学ぶものを選び取る頭)しかし、私のようなもう選手として強くなりたいわけじゃなくて柔術の技を趣味で覚えたい。レベルの人間は、わがままに、好きなテクニックを少しづつ学ぶので十分です。

 

ズ8綛馥盻製册芦荵埔譴呂匹Δ覆襪?

国内のオンデマンドはタイトルがまだまだ少ないですし、あと、私から見て全然売る気ないな。と思わされるものが多いです。これは私がテクニック動画を作っているから、わかるのです。たとえば、内容、撮り方、教え方、売り方、これらが売り手の思いの一方通行なものが多くて、見る側の需要を何も満たしていないな。と思わされるものが多いです。なので、今後売りたいという人は、はっきり言ってまだ勝てる要素は多分にあります。ただし、売り続けるのは難しいです。なぜなら、テクニックは数多とあれど、その先生が使いこなせるものは少ないであろうからです。その場合、おすすめなのは、もう割り切って使いこなせないテクニックでも教える動画です。たとえば、海外で流行っているテクニック動画シリーズの技をコピーして、翻訳して紹介するもの。決してそのテクニックを使って勝っている選手でなくても、英語だから海外の教材はわからない。という人向けに単純に翻訳したものです。当然英語ができなければ無理ですね。ですが、需要はあると思うし、それこそネタは付きないです。テクニックに著作権はないので、ビジネスとしてはありだと思います。オタクじゃないと無理ですが。逆にオタクな人はやるべきです。私は今後もYoutube中心に無料で公開し続けたいと思っています。

 

 

最後に、私は柔術動画を宣伝することはできますが、私にもメリットが無いとやる気がしないので、Let'sBJJにテクニック動画を提供してもらうか、または販売時に当サイト専用のクーポンコードなど用意してもらい、それを踏んで買った人をカウントしてもらって、アフィリエイト収入を振り込んでもらうなどしてくれれば、しっかり宣伝しますよ。


ADCC2019ワールドチャンピオンシップを見に行った 後編 10th planet 出稽古

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

 

前編はこちら

 

大会2日目。昨日と違い準決勝からなので、どのカードも知ってる人ばかり。

あ、ホイラー・グレイシーだ。

あ、エディ・ブラボーだ。

この試合を思い出す。

 

今日は3人で試合を見れる。スノダさんの解説付きで見ると俄然試合が面白い。まずもって、今戦っているのが誰で、どういう試合が期待できるかなどを聞いてみると面白い。階級の試合が終わり、無差別が始まり、66キロ級のラクランジャイルズが、チャンピオン2人を倒し3位になるなど、見どころが多い非常にエキサイティングな試合が多かった。ただ、私はそれらを解説できるだけの知識がない。なので、とにかく面白かったということだけしか言えない。

全ての試合が終わって表彰式。

岩本と向こうに湯浅さんもいる。湯浅さんも初戦敗退だが、なにせ体重が他の選手よりも大分下なので、勝てなくて当たり前だ。ただ、日本人でこの2人がアジア・オセアニアを勝ち上がって来たおかげで、私もこの大会に行くことができたし、チポトレのケータリングを食べることができた。ありがとう。次の日には10th planetに出稽古に行こう。12時にロビーで待ち合わせな。と解散した。この後岩本は泥のように眠ったらしい。

晩飯にカップラーメンを食べた。うまくなかった。まぁ食ったことはあるのだが。

 

 

次の日早起きして近くのモールでパンダエクスプレスを食った。割とこの時点で時差ボケが治ってき始めていた。とにかくアメリカにいる時間は、早寝早起きが1日を目いっぱい楽しむコツだ。

 

ヒルトンの駐車場に岩本らをピックアップしにいくも、案の定岩本は起きてこなかった。スノダさんに頼んでフロントからコールしてもらってやっと起きた。

初の海外旅行のスノダさんと、小さい頃アメリカに住んでいた岩本をホールフーズ・マーケットにつれていく。ここは高級スーパーで、店内の全ての商品がフル・オーガニックで、私もアメリカに来たときは必ず立ち寄る。

 

日本にもいつかホールフーズができることを望む。ちなみにここで何も考えずにいろいろかごに入れていると、軽く1万は超える。

岩本がじっくり見ているのは

デリ(惣菜)で、ここのは本当にうまい。岩本はやたら試食を食べまくっていた。

 

ストーンIPAは東京だと1本800円くらいする。こっちだと6本1200円くらい?

 

 

その後近くの名門道場AOJを視察。(勝手に見学)

 

ちょうどキッズクラスをやっていた。

 

道場内に設置された、かっこいい自動販売機には、意識高い系ドリンクがストックされていた。

 

メンデス兄弟の輝かしいメダルを見る。道場内に流れているメンデスの功績動画が、数年前の試合なことを岩本はいじっていた。(彼らは突如現役を引退した)結構性格悪い。

そんな岩本と一緒に写真を取ってくれる、ギィは優しい。ちなみにハファは、なんか忙しそうだった。しかしかつて岩本はAOJオンラインを見て研究していたが、ある時からカイオ・テハオンラインに切り替えたそうだ。(最近はそれも見てないみたいだけど。)その理由は、メンデスのテクニックにはフィジカルが必要だから。といっていた。カイオは誰にでも再現できるとのこと。

 

我々は今回は残りの2日間はノーギの練習をしたかったので、AOJには行かずに、1時間ほど離れた10thplanet オーシャンサイドというとこを目指す。代表は同じくADCCに出ていた、ジオ・マルティネスだ。

 

せっかくカリフォルニアにきたのだから、ビーチに行こうということで、途中のリゾート地に立ち寄る。

岩本は疲れていたのか、芝生で寝て起こすまで起きなかった。

 

 

10th planet ocean sideは高速を降りてすぐの、ちょっとした商店街みたいなところにあった。

 

初のノーギ専門道場。いやー緊張する。

 

とても広い道場で、総合クラスもあるようだ。岩本がすでにアポを取っていて、ジオ・マルティネスが我々3人の出稽古料は無料でいいよ。と言ってくれた。感謝。

さっそく着替えて練習。マット運動、テクニック、スパーとまぁ日本と同じ流れで、テクニックは、エディ・ブラボー系のロックダウンから、エレクトリックチェアーとかベポライザーを教えてもらった。テクニックの合間にエディの話を差し込むジオさんのクラス、すごく楽しかった。そしてスパー。正直ノーギ専門クラスだから、ガンガンヒールとかかけられるんじゃないか?と警戒していたが、一回もヒールかけてくる人いなかった。おじさん超安心。それで、途中で50歳くらいの、アレック・ボールドウィン似のおじさんとスパーして、全然力任せじゃないジェントルスパーをしてくれたんだけれど、この後このおじさんに助けられる。

 

そうこうして、クラスが終わり、ジオさんと記念撮影

優しかったー。

 

そんで、シャワーを浴びて夜21時くらい。宿に戻りますか。とジオさんにお礼を言って、オジさんの私は駐車場にでて荷物をトランクに入れて、バタンと閉じて運転席を開けようとしたら・・・・

 

 

あーーー鍵トランクいれたまま閉めてもうたーー!!と気がつく。

 

おわたー。っていうか俺さむーーい。2人に事情を説明して、とりあえずレンタカー会社に連絡するっきゃない。と思うも、電話もトランクに入れているっていう。詰んだ。

 

岩本に検索してもらって、レンタカー会社に電話してもらうも、只今混み合っております。という感じ。いよいよ、終わったか。と思ったその時、さっきスパーした50歳くらいのアレック・ボールドウィン似オジサンが出てきた。この人すごい頼れそう!!と直感で思い、事情を説明すると、よっしゃこじ開けちゃろうか?と車泥棒でもしてたのか?という感じの手付きで、私のレンタカーを見るも、これは最新型だから無理だ。という。しばらく考えて、宿まで送ってあげようか?と言い出したが、それでもどっちにしても明日取りに戻らなきゃいけないから、自分は一人でこの街に残って二人は送ってもらおうかな。とか思ってたら、200ドル出せるんだったら、鍵屋呼べるんだけど・・って言い出した。え?200ドルで呼べるの?じゃお願いします。ってことで、鍵屋を呼んだら20分くらいで到着。

(撮影すのださん)

その間。ひたすらアレック・ボールドウィンオジサンにお礼を言い続けた。そしたら、ちょっとファンキーな感じの若い鍵屋さんがやってきて、そのアレック・ボールドウィンオジサンを見るやいなや、「あ!このあいだスパーした人じゃん。チャース!」みたいな感じに実は、その鍵屋もグラップラーだったという、面白い展開。そんで、いよいよドアを開けるのだが、これが結構強引なやり方で、笑っちゃったんだけれども、(内容はかけないが)簡単に開いた。まぁ車泥棒は窓割ればいいだけだけど、道具を使えば、こんなに簡単に開くのかとびっくり。そんで、アレック・ボールドウィンオジサンは、この人達はいい人だから、安くしてあげて。と交渉してくれていて、200ドルのところが150ドルに下がった。アメリカ人優しい。アメリカ人最高。アメリカ最高。でも、嬉しかったので、チップを20ドルあげた。

アレック・ボールドウィン似のおじさんこと、Shawn Mckinneyさん。south coast glass inc.の社長。サンキュー。

 

 

 

 

そんなこんなで帰りにステーキを食って、宿に戻り、明日は別の10th planetに出稽古に行こうということで、解散。またこの日は岩本はヒルトンではなく、私と別のairbnbに泊まった。

次の日、岩本のリクエストでタコスを食べに行こうと昼にタコスランチ。ちなみにアメリカ全土をドライブした私が思うに、アメリカにはタコス、ピザ、ステーキ、ハンバーガー屋しかない。あとはたまに寿司。

 

落とした体重の分を取り戻すがごとく大食いな岩本。

 

その後、スノダさんはお土産をかいたいということで、昨日に引き続き日本人に人気なオーガニック系スーパーのトレーダーズジョーに行く。

 

ちょっと道が複雑で見つけにくかった10th planet fullertonはベンチャー企業が集まるような倉庫的な場所にあった。

 

10th planetはカリフォルニアに沢山ある。

 

この道場にも強い選手がいる。キース・クリコリアン。有名らしい。

 

記念撮影。

クラスは、アンディーさんというここのオーナーが教えてくれて、10thのテクニックというよりも、最新のバックエスケープという感じで、スノダさんと岩本はすごい喜んでいた。私にはちょっと高度で今思いだそうと思ってももう無理だった。この道場は非常に天井が高く開放感があった。冬は寒いかな?と思ったが、空調があったから大丈夫でしょう。

これなんのリモコンでしょう。

タイマーのリモコンです。こんなの始めてみた。

 

クラスが終わって、アンディさんが色々話してくれた。そうそう。この日も出稽古代無料でした。本来であれば26ドルだけれど、これも岩本先生効果。ありがとうございます。で、アンディさんの話なんだけれども、何か1質問すると10帰ってくるくらい、情報量がすごくて、アンディさんはここ以外にも5つの支部を経営していて、これまでどういう風に拡大してきたか。とか、もうあれこれ教えてくれた。一番おもしろかったのが、彼自信がテクニックの研究をするときに、ひたすら動画をみてチェックしているということを教えてくれたことだ。多分日本で、そういうこと教えてくれる先生いないと思う。ここは、先生と生徒の関係性が非常にアットホームで仲良いイメージがあった。だから最新のテクニックなんかも、みんなで研究しているんだろうなと思った。日本は徒弟制により、技術が上から下へのトップダウン型なことが多いだろうから、こういう風には当面ならないだろうなと思った。とはいえ、日本人はそれが好きなんだろうけど・・・。ただ、岩本みたいに動画で研究、公園で打ち込み、道場のスパーでテスト。みたいな新型柔術家には、こういう道場のほうが居心地いいんだろうなと思った。それら全てが一箇所で完結できるから。そしてそれこそが現代柔術の上達の近道なのでは?と思った。

 

そして我々はアメリカ試合&出稽古ツアーを終えた。最後の晩餐はヒルトン近くでピザを食べた。

 

ホテルでスノダさんを見送った。また日本で。(初海外旅行あるある。土産が多い)

 

次の日の朝岩本を空港に送る前に、前から気になっていたバーガー屋に行く。

異常にうまかった。

 

岩本はこのあと最先端のグラップリングを学びにいくために、ニューヨークに2週間滞在するとのこと。この飛行機代もADCCが出してくれるというのだから太っ腹。俺もついていきたかったが、最近娘もできて、そんなに長く家をあけるわけには行かなかった。というわけで岩本ありがとう。お疲れ様。そして次のADCCにも連れていってくれ!!

 

P.S.短パンでNY言ったけど大丈夫だったかな??

 

 

 

 

 


ADCC2019ワールドチャンピオンシップを見に行った 前編

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

 

2019年9月26〜10月3日まで、アメリカカリフォルニア州アナハイム(ロスの近く)で開催された、ADCC2019ワールドチャンピオンシップを観戦&出稽古してきました。

 

まずその理由は、サポートしている公園柔術家、岩本健汰が出場するからです。正直そんなことでも無い限り、アメリカまでノーギの試合を観に行くほど、ノーギファンでも自分はありません。というか、海外の試合なんて初めて見に行きます。ただ、アメリカはここ数年で2回長期で旅行しているので、試合ついでにまたアメリカをドライブできるのが楽しみだったので、岩本の応援に行くことに決めました。

 

ちょうどマイルが結構たまっていたので、航空券はタダ(正確には3万ほど何かのお金を払った)、また宿泊する宿も会場近くのairbnbで一泊4000円程度の部屋を押さえました。岩本ら選手が泊まる宿は、会場横のヒルトンホテルで一泊18000円くらいするので、ちょっときつかったのです。ちなみにADCCの会場はアナハイムコンベンションセンターのアリーナで、すぐ横にディズニーランドがあって、たいていの日本人がアナハイムに行くと言ったら、ディズニーランド目当てでいきます。それから自分はアメリカを運転するのが大好きなので、rentacars.comでフルサイズの車を予約しました。これが1週間で約5万円ほどかかったのですが、自分はそこにお金をかけたいのです。それからADCCのチケット。これが200ドルしました。一番いい席だったのですが、結果、もう一つ安い100ドルの席のほうが、椅子の座りがよかったです。

 

26日の夕方にロスに着き、レンタカーを借りてアナハイムに向かうのは夜の20時くらいでした。

これは次の日に撮影。

今回借りた車は日産のマキシマ?とかいうやつで、新車の匂いがしました。非常に運転しやすい車でした。宿まで1時間半渋滞に巻き込まれながら運転してairbnbの宿に到着。

こんな感じの部屋でなんら問題はなかったです。

 

でかい犬が3匹歓迎してくれました。airbnbあるあるです。腹が減ったので近くのスクエアまで運転して、酒場のようなところで晩飯を食べました。

ベイビーバックリブと山程のマッシュポテトで20ドルくらい?あとドリンク合わせて30ドルくらいしました。その日はとりあえず寝て、次の日の岩本のルール講習会まで時間があったので、風呂に行きました。グーグル・マップで「korean spa」で検索したら、日本でよくあるスーパー銭湯みたいなところがあります。

 

 

岩盤浴

 

岩盤浴エリアが異常に広い。25ドルくらいです。

 

食堂もあって、メニューは韓国料理+ちょっとうどんみたいな感じで、割ととっつきやすい。

新大久保でもよくある、冷麺を食べました。味は普通で結構な量でした。11ドルくらい?5時間くらいサウナ、風呂、休憩室でゆっくりして体調を整えていたら、岩本のルール講習会が始まる時間になったので、アナハイムコンベンションセンターまで行くと

ルール講習会がすでに始まっていました。(1時間遅刻していた)

あーいたいた。むこうにガバオンや、昔セミナー受けたことあるフラザトなんかもいます。

その後階級ごとに選手紹介。

そしてブランケット発表。いきなりパウロミヤオと当たるようです。強敵です。ただ、岩本が最初に影響受けたであろう柔術家なので、ちょっと胸アツでした。彼が白帯で全日本でベリンボロ多用して優勝したのが5年くらい前だったか。あれから今こうやって影響受けた柔術家と戦える日がくるとは・・。

 

 

 

その後会場裏の控室みたいなところで、ケータリングのサービスが。そして、部外者の私も食べてOKとのことで晩飯はここでいただくことにしました。しかもchipotle(チポトレ、チポレ)。知る人ぞ知る。アメリカで大人気のヘルシー系メキシカン。かなり美味しいです。

ただし、岩本はあと500グラムくらい明日までに落とさなければいけないので、食えません。かわいそう。そしてあの湯浅選手もそばにいて日本人勢で固まっていました。湯浅選手と少し喋れたのがよかったです。

 

あまりにも私がchipotoleをうまそうに食ったのを見て、レタスはいけるんじゃないか?ということで健汰くんも。

会場を後にしようとしたとき、ファンにサインをねだられる岩本健汰

適当。

 

そしてこれは次の日の朝。つまり試合当日の朝です。最終計量をします。日本からJBJJFの安井さんも来ていました。ただ、なんの仕事をしていたのか、最後まで謎。

 

このスノダ先輩は岩本のセコンドなのですが、とにかくADCCの選手に詳しいんです。残念ながら私は3、4人しか知らないモグりなんですが、スノダ先輩は、選手の名前、得意技、過去の試合、所属道場だけじゃなく、選手の彼女、彼女の職業まで熟知している、完全にストーカーレベルの知識を披露していました。そしてそのおかげで私もだいぶ、ADCCを楽しむことができるのです。

 

さて、いよいよ開場です。私以外は関係者ということで、裏から入っていましたが、私は単なる観客なので、表から入ります。日本で買ったチケットのQRコードを見せて、2日通しのチケット変わりのアームバンドをもらいます。(撮影するの忘れた)

 


中に入ると物販があります。前日にすでに目をつけていたTシャツとラッシュを買おうと思い列に並ぶも40分くらいかかってしまい、最初の方の試合を見逃します。とはいえ、この物販2日目にはほとんど売り切れていたので、並んでよかったです。買ったのはこのTシャツと、このラッシュ。

65ドル

30ドル

30ドル

 

それから、近くにフローグラップリングのブースがあり、フリーサンプルで、ステッカーやサングラスがあったので持って帰りました。

 

ただ、自分はフローグラップリングに契約していないので、あまり有り難みはなかったです。

 

 

すでに試合始まっています。200ドルの席なのに、まぁ割と距離があります。マットは3面で3つモニターがあるので、一番向こうのマットの試合も手前のモニターで確認できます。ただ、椅子の座り心地が悪くて、あと一人で見るのは正直面白くない。はやく岩本の試合始まらないかな。と思って見ていました。正直私はADCCのルールもいまいち把握していないし、ギの試合も知り合いの試合くらいしか興奮して見てられないほどの、一般柔術ファンなので、すごいであろう選手たちのすごい試合を退屈に見ていました。すいません。ただ、それは次の日の準決以降は見方がぐっとかわるんですけどね。

岩本とスノダ先輩がスコアボードの横に出てきました。そろそろ試合なのか?

 

会場でひときわ派手な衣装だったのが、ギャリートノン。そしてその前にいるジューダス・プリーストみたいなのが、知将ジョン・ダナハーです。

 

とかよそ見していたら、岩本の試合が始まりました。動画は撮影NGなので、画像でお楽しみ下さい。胸に輝くLet'sBJJのロゴ。世界の舞台にあげてくれてサンキュー。

 

事前に、あいつはベリンボロが得意だから気をつけろ!と全く役に立たない助言をしておきました。

 

カメラのレンズがしょぼいので、これがめいいっぱいの望遠。お、これは岩本が得意なデラヒーバフットロックの形。

 

バッキーン!!入ったーー!!これで日本人の様々な選手を極めまくった得意技。が、しかし。ミヤオ真顔。

まるでレストランでメニューを選ぶかのような、まったくもって気の抜けたパウロさんの態度。一方岩本は日の丸を背負って渾身のフットロック!!

これでもか!とがんばる岩本。

しかし、バカ足ミヤオに足関は厳しいようで、一度ブレイク。

 

再びコンタクト

ここでパウロさん飛び込んでいく。

それがこうなって

こうなって

一旦ブレイク。そしてここで時計に注目してほしい。ADCCは10分間戦って、最初の5分間は極め重視のために、ポイントはなしだが、5分をすぎるとポイントゲームになるのだ。つまり普通の柔術の試合みたいになる。

 

パウロの猛攻に耐える岩本。

 

むむっ!足か腰を抱えられている。

 

ボディロック?とかいうパスなのか?これは。

 

ぎゃーー!!バック取られた!

 

よろしくない状況。

 

パウロに三点。

 

4の字ロックで残り時間2分半。厳しい・・。

 

やめてあげてーー!!

 

バックは外れたけど、十字取られそう!!

 

やばい形。

ここまでか・・。

昇龍拳!!

 

なんとか生還。

時間さえあれば、時間さえあれば!!

 

再び引き込み、ポイント献上。

 

ヒールを狙う形(多分)

残り33秒。パウロ!!死んでください!!

 

パウロちょっと焦ってない!?

 

逃げるパウロ、追う岩本。残り29秒。

 

熱い!ようやくパウロに火がついたか?でも残り22秒

ここでレフェリーストップで、マット中央へ。

 

その時、私のカメラは奇跡の1枚を捉えた。パウロさんのオラつき顔。そして神に挑む岩本の背中。もしかして本気にさせた!??背後には奇しくもブラジルVS日本の国旗が!!ニッポン!!ニッポン!!

 

岩本ファンは壁紙にどうぞ。ちなみに背中のロゴは、岩本の好きなyoutuerのロゴ

 

リスタート!!

 

岩本仕掛ける!!

 

が、しかし防御。

 

あえなく時間切れ。岩本さん。パウロさんすごかったっす。ちなみに試合後岩本に、最初のフットロックは手応えあった?ときいたら、なかったとのこと。

ちなみにパウロさんはこの後の準決勝で、このような膝十字を食らうも、落ちたものを拾うときのような顔。多分痛覚がおかしいんだと思う。

 

というわけで、岩本のひと夏の夢はここで終わった。私的にはいい夢をみさせてもらった。

 

後編につづく。

 

 

 

 


クロスガードとクローズドガード

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

 

私が通ってるトライフォースでは技の名前を海外基準にするために、ポジションや技の名前が英語での名前(特にアメリカ?)に寄せたものになっています。ブラジリアン柔術の技やポジションの名前は時代によって変化したり、時として同じ名前でも人によって解釈が違ったりします。なので正直ややこしいです。

 

たとえば、クロスガードクローズドガード。これを同じものと考えている人がいますが、英語ではぜんぜん違うガードです。クローズドガードはこれ。

 

なんですが、昔これをクロスガードと呼ぶ風習が日本にあったので、今でもクロスガードという人がいます。たしかにクローズドよりもクロスのほうが日本人には、馴染みやすいのはなんとなくわかります。クローズドという言葉が日常で出てこないからです。

 

しかしクロスガードというのは実は別にあるんです。cross guradと英語で呼ばれている、このガードです。これの特徴は、手のグリップが対角(クロスグリップ)なことと、オープンガードの一種であるということです。なので、クローズドガードをクロスガードと呼ぶと、混乱する人もでてくるでしょう。

 

なんでも英語基準にしなくてもいいじゃないか?という人もいると思います。確かに技の公用言語が道場内だけなら、それでもいいでしょう。しかし、たとえばテクニック動画を買った場合などに、自分の目当てのテクニックを目次で探すのに苦労したり、人に説明するときに、十分に伝わらないこともでてくるでしょう。

 

一方、なんでもかんでも英語にしてもどうなんだろう?みたいなのもあります。たとえば、袈裟固。これは、トライフォースでは、クロスボディコントロールと呼んでいます。試合のセコンドが「袈裟で抑え込め!」みたいな場面で、「クロスボディコントロールで抑えこめ!」みたいなのはちょっと効率が悪い気もします。すでに日本で浸透している短い名前の場合は、そっちのほうが便利なこともあるでしょう。

 

ただ、私はブラジリアン柔術の、この細かい、動きや状態、ポジション、ガード、技、形などにあらゆる名前がついていること、そのことが、ブラジリアン柔術の進化を促進させていると思っています。今まで名前がついていなかった部分に、名前がつくと、あきらかにそれ以前と以降では分析する項目が増えるからです。柔術は動画でのテクニック共有がものすごいですが、こういった名前を知ったり、使ったり、また作ったりすることによってシステマティックに理解が深まると思います。

 

たとえば、新しいちょっと複雑なテクニックをクラスで習ったときに、その確認中パートナーに、たとえば「前半は肩で回るベリンボロで、ここでアンダーフックで二の腕取って、あと、そこはツイスターフックだね」みたいな風に説明することがよくあります。つまりこの場合、3つのキーワードに細かい情報を内包することができます。もちろん前提知識が必要ですが、今の柔術はこういった抽象的に名前を理解していないと、なかなか読み解くのは難しいのです。

 

柔術をはじめたばかりの人は、それがとてもむずかしいことのように思えると思います。しかし、この何でも名前がついているという格闘技は他に無いと思うので、是非オタクになって楽しみましょう。


| 1/15PAGES | >>

Let's Bjj オンラインショップ

letsbjjonlineshop
オリジナルグッズ販売しています。

おすすめ道場

プロフィール

柔術家がよく見るページ

マスト

Scivation XTEND / サイベーション エクステンド (レモンライム 1kg)
Scivation XTEND / サイベーション エクステンド (レモンライム 1kg) (JUGEMレビュー »)

世界の柔術家、御用達BCAAサプリ SCIVATION XTEND おそらく普通の人はこれ1つで1年持つでしょう。これ飲んで強さを加速させよう。私はレモンサワー味一択です。

マスト

ブラジリアン柔術教則本 DVDつき
ブラジリアン柔術教則本 DVDつき (JUGEMレビュー »)
早川 光由
柔術の基礎を学びたかったらこの本を買ったほうがいいです。ただし、本気で学びたかったら実際トライフォースに来て学んだほうがいいです。本では気が付かない驚くほどのディティールを詰めて教えてもらえますし数年やってる私でも毎回新しい発見があります。ここに書いてあることだけで紫帯くらいまでは優勝できる。と言っている人もいました。ちなみにこれはトライフォースのベーシックカリキュラムの教則にもなっている本で、トライフォースネットワークのインストラクター資格が欲しかったらすべて再現できなければいけません。これから柔術を始める方は持っていても損はないでしょう。数多とある柔術の動きを、基礎はこれだ!とこの1冊にまとめ上げた早川先生はすごいと思います。あの技はないの?というのもあるかもしれませんが、あえてこのようにまとめているのです。また、一つ一つの技は技として有効だと教えているわけではなく、意味のある動きの集大成である。と先生に聞きました。どういうことかというと、今後覚えていくであろう技にも、きっと含まれている動きで、それは柔術の効率的な身体動作のエッセンスの集大成を意味します。

マスト

ブラジリアン柔術ベリンボロ
ブラジリアン柔術ベリンボロ (JUGEMレビュー »)
芝本 幸司
師匠の本がついに発売。ぶっちゃけ初心者向けではないですけど、モダンの動きを取り入れたい方にはオススメです。個人的には、もっと芝本エピソードを盛り込んでほしかった。芝本先生は文才も結構あるんです。ベリンボロコンセプトは、現代の競技柔術では、多用されていますし、これを知らないとガンガンかけられてしまうでしょう。この本に書いてある技術は、芝本先生編のベリンボロで、巷にはこれ以外の使い方もあると聞きます。是非ともこれを見て分析の一助にしたり、自分なりのルートを作ってみてください。ちなみに、僕はベリンボロは習えばだれでもできる技だとは思いません。ベリンボロ向きの体型や体の柔らかさ、もっといえばセンスが大きく占めていると思います。選ばれしものしかできないんです。それを追いかけるロマンがあるのでしょうね。

目次

このブログは時系列に読むのががおすすめです。 始めて来た方は以下の目次順にお読みください。

Fujiwara other works

crossamerica
2016年に行ったアメリカ横断レポです。
Facebook
私のフェイスブックです。気軽にフレンド申請してください。
soundcloud
実は音楽も作っています。テクノとかゲーム音楽です。

PR

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

その他

mobile

qrcode