シットアップガード、シングルレッグガードとは何か?

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

 

さて、前回紹介した シングルレッグX、Xガードを自分の柔術に組み込もう が大好評で、金古さんが結構売れた。とのことで、また紹介してくれ。ということで、新作の方紹介していきたいと思います。今回はこれです。

 

シットアップガード&シングルレッグガード  

→とりあえず買う人はここ

 

です。これガードの中でも結構マイナーというか、教材少ないんですよね。しかも名前の統一がされていないんです。このブログでは、なるだけ英語圏の最新のマナーに合わせるようにしていますが、一昔前と全く違う呼び名というのがあります。で、まずシットアップガードですが、この作品ではこれです。

 

相手の片襟をもって、腰を引く座ったままのガード。これ前に金古先生のアルティメットベーシックメソッドでその、さわりが紹介されています。

さわりっていうか真髄ですね。自分はこの取材行ったあとから、このガードが得意になって、一気にパスさせないようになりました。そして、この状態をシットアップガードと金古さんはいうのですが、英語でsit up guradと検索すると・・・

 

このスタイルなんですよね。そう。ぜんぜん違うんですよw。で、今回の教材ですが

 

なんとこのスタイルのガードも一緒に入っているんですよ。ここで軽く混乱が起きるんですよ。これ、金古さんは、シングルレッグガードと呼んでいます。

 

金古さん曰く、世界基準の呼称を使うトライフォースさんに合わせたとのこと。確かに、トライフォースもシングルレッグガードと呼んでいます。しかし世界的にはこれ、シットアップガードなんですよ。

 

では、一体これはなんて呼ぶの?って話です。

 

これ、英語で検索するのめちゃくちゃ大変でした。自分では2つしか発見できなかった。

ちょっと形が違うきもしますが、シッティングオープンガードと言っていたり

 

カラーガードと呼んでいたりします。

 

そんな、こまけえことはどうでもいいんだよ。と言ったあなた。ポジションやガードの名前を統一しないと、困ることが出てきます。それは柔術を独習できないのです。今は昔と違って、強くなるためにYouTubeや海外教材を見るのは当たり前の時代になりました。そのときに、自分の知りたいガードやポジションを検索できないのです。スパイラルガード(リバースデラヒーバ)、クロスガード(クローズドをこういう人多い)、コムロック(ラップトアーム)、といったローカルネームでしか知らないと世界の動画を検索できないんです。

 

そして、事実、この状態に名前がないことにより、いくつか困ることが出てきているのです。それを踏まえて、今日は金古さんにインタビューしてみたいと思います。

 

 


藤原ヒロミチ:

では、早速ですが、金古さん、この状態って、昔からありましたか?

 

金古一朗:
この座った状態はかなり昔からあると思いますよ。

 

藤原ヒロミチ:
ですよね。特に呼び名がないんですかね

 

金古一朗:

昔からシッティングガードとかシットアップガードと言っていた気がします。

 

藤原ヒロミチ:

襟をもってない状態は、シッティングガードって言うと思うんですが、襟をもってても言うんですか?

 

金古一朗:

はい。特にどこを持つとかではなくて背中を浮かし体を起こしている状態のことを差すと私自身は認識しています。


藤原ヒロミチ:
なるほど、そこから襟を持った状態に境目はなかったわけですね

 

金古一朗:

はい、特にどこも持ってなくとも上記の呼称になると思います。

 

藤原ヒロミチ:
今回のこの教材のコンセプトは、襟を持つこと前提ですよね

 

金古一朗:

そうですね。引き込む時点で、持っているので、基本的にはほぼ襟を持っています。

 

藤原ヒロミチ:
で、僕もこのガードをやってくる相手に前に試合で負けたことがあって、これすごい攻略しづらいんですよ。で、攻略したいと思って、ネットで検索しても、この状態をパスっていう動画が探せないんですよ。

 

金古一朗:
そうですね。ここにフォーカスしている動画はなかなか無いと思いますよ。そしてパスし辛いと思います。ちなみに今回パスの方法までは、このコンセプトでは紹介していませんが、大外刈りみたいな要領で襟袖持ってパスするか、昔レオジーニョとかがやってたような側転してパスとかですかね。

7分50秒からのやつ

 

藤原ヒロミチ:

動画では、その対処法が紹介されていましたね。このガード前に、UBMでもちょっとだけ紹介してもらって、そこから、僕も多用していますが、これを覚えてから本当にパスされづらくなりました。それは前述の通り、あまり情報がないからだと思うんですよね。

そこにきて、今回のシットアップガードからカラードラッグやアンクルピックなどのコンビネーションを組み合わせると、すごい相手を苦しめられると思うんですよ。

 

金古一朗:
そうですね。定番のコンビネーションですが非常に秀逸でなおかつ、そこまで難しくないです。

 

藤原ヒロミチ:
こういう風に、まだ名前がついてない状態のコンセプトを、使いこなすと飛躍的に強くなれる気がします。

 

金古一朗:
はい。使いこなせれば引き込みからガードまでの安定感は抜群になります。

藤原ヒロミチ:
それから、シングルレッグガードですが、これはデラヒーバから始めて向こうの足を蹴って入るのが定番なんですかね。ぶっちゃけ、そのエントリーが自分は出来ないんですよ。出来ない理由は、まずデラヒーバで襟を持てない。持ってもすぐ切れられるんです
それから、足を蹴るときに足をまたがれる。これどうしたらいいんですかね。

 

金古一朗:
スパイダーとかからも行けますがどちらにしろ左足を外側に出すので結果としてデラヒーバっぽい形を経由して入ることになります。襟は特に掴んでいなくとも大丈夫です。袖を持ってもいいですし、何も持たなくとも、とにかく足で内腿を蹴れば起きれます。
あと、跨がれるのは右足の位置が低いかと思います。右足の位置に関しては、今回の動画の11番の動画で説明しています。

 

藤原ヒロミチ:
あ、見落としていたかも。もう一回見直します。それで、ちなみに、なぜ、シットアップガードとシングルレッグガードの、この2つをセットにしたんですか?

 

金古一朗:
どちらも、体を起こすガードというくくりですね。本当はバタフライガードとかもその類いですが、さすがに量が多くなるので今回はこのセットにしました。

 

藤原ヒロミチ:

なるほど。どっちかというとシングルレッグガードの方が、難易度高いと思いますが、これら体を起こす系のガードを使いこなせると、一体どんなメリットがありますか?

 

金古一朗:

相手を下から崩していく時に上体やお尻の上下運動は非常に重要になります。ガード側は平面的な寝技ではなく上下運動を使った立体的な寝技をすることが大切だと考えています。体を起こすことで相手にプレッシャーをかけられますし、逆にそこから寝込んでいけば落下エネルギーをフルに使うことが出来ます。立体的な寝技をすることで守る相手も下からどんどん崩せるようになります。

 

藤原ヒロミチ:
なるほどー。たしかに自分は寝てばかりの横運動のガードが多かったので、上下運動を意識したことがなかったです。 自分は82キロと太っていて、結構体起こすのがきついんですが、体重はあまり関係ないですか?


金古一朗:

どうでしょう。僕は太ったことがないのでその辺の感覚はいまいち分かりません(笑)


藤原ヒロミチ:

ですよね。とにかく理屈はわかりました。ちなみに このシングルレッグガードが上手で有名な選手はいますか?

 


金古一朗:

コブリンヤやルーカスレプリが得意な印象ですね。


藤原ヒロミチ:

なるほど。シットアップガードはどうでしょう。


金古一朗:

こちらはどちらかというと最初にしっかりと引き込むためのガードという感じなので特にどの選手という印象はないです。ただ、試合終盤になるとガード側の選手が負けてる選手は体を起こしつつ強引にカラードラッグを狙っていくのはわりかし定番の光景ですね。なので負けてる側がガードで守る相手を崩すためには体を起こす動きは必要不可欠ということです。


藤原ヒロミチ:

はいはい。わかります。藤原ヒロミチ 展開によって出現する動きですよね。相手が立って時間稼ぎしてるときに、出る動きですね。確かに。


金古一朗:

そうですね。逆にガード側が勝ってる場合はまず見ない光景です。

藤原ヒロミチ:

金古さんは、この2つは試合で使ってますか?

 

金古一朗:

私自身は必ず試合で引き込みますが動画で説明している引き込みです。シングルレッグガードに関しては黒帯になってから1度スイープしました。

 

藤原ヒロミチ:

その時はどうして、その動きをやろうと思ったんですか?

 

金古一朗:

やはり試合終盤で確かアドバン1個位リードされてたので体を起こしてシントゥシンのスイープに行ったと記憶しています。基本的にあまりリードされることが少ないのでそこまで多用はしません。そういえば茶帯の時にもリードされてていて最後にシットアップガードからカラードラッグで逆転勝ちしたことがありました。その辺の時代に負けてる時は体を起こしていく重要性を学びました。

 

藤原ヒロミチ:

なるほど。必要にかられて覚えた技なんですね。ということは、まとめると、今回のこの2つのガードは上下運動を使う技が主体で、今までガードが平面的だった人は是非取り入れるべき概念(コンセプト)だということでよろしいでしょうか?

 

金古一朗:

そうですね。2015のワールドマスターで元世界王者のフェリペコスタをスイープした時の起点もシットアップガードからのカラードラッグでした。そこからレッグスクープに繋いでスイープしました。やはり負けている時に体を起こしていきました。これは実際に世界王者をスイープした技なので結構宣伝材料になるかなと思います。

 

うん。これ以上の説得力ない。フェリペコスタは、カイオテハの師匠ですよね。カラードラッグ→後転スイープ→レッグスクープ。完全にテクニックコンカーオールですね。っていうかこのレベルで使いこなさなければいけないのか。ちょっとすごすぎて、上のテクニックを使っているというのが言われないとわからなかった。

 

というわけで、今までガードが平面的だった人は、起きる動作、そして、そこから落下運動を使って相手を崩すということを取り入れていけば、一気に3Dなガードが作れると思います。今まで自分もこの手の動きが苦手だったのは、もちろん練習してこなかったというのもあるんですが、その起きる、落下の概念が欠けていたということがわかったので、今回また良い教材に出会えたなと思います。

動画でまとめました。

 

金古さんからも動画届いてます。

 

今回も自分なりにメモを取っておきました。

 

1 シットアップガードへの引き込み
相手が立ちが強かったり、下が上手なので、先に引き込みたい。というときの引き込み方。letsbjjでも前に紹介したやつ 襟持った瞬間座るのと、相手にどこも持たせられないように、腰と足を引くのが大事。

 

2 シットアップガードのガードワーク
相手のパスガードの初動を見抜いて、然るべき動きをする。襟は構わないが、袖を持たれると大外刈がくるので、すぐに足を引いて、回転する。またがれたらすぐ立つのは、目から鱗

 

3 シットアップガードから背中を付けたガードへの変化
どっちを持つかは自分が得意なガードによって変わる。両手で持つ意味がわかるのがありがたい。

 

4 アンクルピックとカラードラッグのコンビネーション
アンクルピックは行けるけれどもカラードラッグは本当に難しい。この動画では、手をなるだけ遠くについて相手の通り道を作ってあげること。と説明されている。

 

5 カラードラッグの詳細
ひとつ上の動画では、物足りないと思っていた詳細がここでキチンと説明されている。そもそも立っている相手にあまりキマらないことと、お互い同じ手で襟を持っている状態ではいけないが、くぐって手を離せばイケる。また、対角の手で持たれているときは行ける。

 

6 アンクルピックと三角絞めのコンビネーション
これは考えたことも無いコンビネーション。できるのか??

 

7 小手絞り
これは練習したい。小手絞りの逃げられない原理が、余すことなく説明されている。

 

8 三角絞め、腕十字
これはなかなか渋い技。相手の腕のロックの仕方が、初見。すぐに自分の柔術に組み込みたい。

 

9 帯取り返し
フックスイープのコツがここで分かる。相手の下半身を伸ばす方法。

 

10  帯取り返しからレッグスクープスイープ
一つ前の技を防がれたときのもぐり。

 

11 シングルレッグガードからシングルレッグスイープ1
ここからシングルレッグガードのラペルグリップの仕方で、素晴らしいコツが。またテイクダウンにいくときの最大のコツ
パンツのグリップカットの方法をこれを見て初めて知った。テイクダウンも3つあって、2つは知らなかった。

 

12 シングルレッグガードからシングルレッグスイープ2
倒れにくい相手へのアンダーフックテイクダウンの作り方。

 

13 シングルレッグガードからシングルレッグスイープ3
デラヒーバ→シングルレッグから、持てたら最強のグリップからのテイクダウン。カメラ撮影者の技術が、今よりも劣るので、ちょっと見づらい部分もある。

 

14 シングルレッグガードからドラゴンスクリュースイープ
決まるか謎。ディープハーフへの入り方とも取れるムーブ。

 

15 袖持ちのシングルレッグガードからスピンスイープ
実際やるとなると結構勇気のいるムーブ。そもそもデラヒーバで足手の足を蹴って袖を渡す事自体が結構難易度高い。打ち込みが必要と思われる。

 

16 袖持ちのシングルレッグガードからシントゥシンスイープ1
足下から袖をつないだ状態からなので、色々やりたい放題できる。

 

17 シントゥシンスイープ2
やはり足下から袖をつないだ状態で、タックルにいく感じ。

 

18 シントゥシンスイープ3
デラ→シングルレッグ→シントゥシン、ヒザズボン掴んで、頭上に投げて回転してスイープ。仕上げは頭で押す。

 

19 シントゥシンスイープ4
相手が乗ってきたとしても、シントゥシンでなんとかなる

 

20 体を起こす重要性について【シングルレッグガード編】

今回のシングルレッグとシットアップについて、なぜ体を起こすのかというトークをしたあとに作った動画なので、より詳細に語ってくれています。

 

21 体を起こす重要性について【シットアップガードについて】

同上

 

22 世界王者をスイープしたカラードラッグからの3連コンボ

上のフェリペコスタをスイープした方法の詳細です。まぁ見るのとやるのじゃ違いますよ。ここまでにいくのは、とにかく体にあらゆる動きをインストールしなければいけない。

 

 

 

 

今すぐ買いたい人は以下のリンクでどうぞ。

 

 

 

3500円でこのコンセプトを手に入れる

 

 

前回のやつとのセットはここ(500円オフ)

 

さて、その金古先生のシットアップガード&シングルレッグガードはこちらのサイト「シュラプネル・オンラインテクニック」で買えます。値段は3500円(税込)です。まずこの価格ですが、従来のDVDに比べたらだいぶ安いですね。それはこの作品が、オンラインのみの販売だからです。DVDだとどうしてもコストがかかるので、5000円くらいになるようですが、このブログでも過去に何度も言っているように、時代はもはやDVDではありません。オンラインです。なにせ画質が違います。DVDとフルハイビジョンでは、画質が全然違います。それから、DVDはプレイヤーが無いと見れないですが、オンラインはネットに繋がっていれば世界中どこからでも見れます。カナダからも見れます。

 

さて、オンラインと言われてもよくわかんないよ。という人のために、買い方、見方を説明します。

,箸蠅△┐坤ートに入れて買う。

 

金古さんから送られてくるメールを待つ。(自動返信ではないようです。)

 

メールにあるアドレスにアクセスすると動画が見られますが、注意点がいくつかあります。

 

・動画はダウンロードできますが、スマホでダウンロードしようとするとパッケージ全体で9ギガバイト近くあるので、ダウンロードするのなら、パソコンにダウンロードするのが現実的。

 

・ダウンロードしなくても、ストリーミングでも視聴可能。ただし、スマホの4Gなどの電波を使っていたら、すぐに容量オーバーするので、wifi環境推奨。

 

個人的には以下の方法で見るのがいいと思いました。

 

家にいるのなら、パソコンでストリーミングで見る。練習したいテクニックがあれば、それをスマホで直接撮影して、道場などで見ながらドリルする。

 

また、動画はいつまで視聴できるの?という疑問がある人もいると思うんですが、基本的に金古さんがサービス停止したくなるまでずっと見れるとのこと。その際はアナウンスするとのこと。どうしても気になる人はダウンロードするべきですね。

 

いちいち動画をスマホに転送とかかったるいので、これが一番いいです。

 


シングルレッグX、Xガードを自分の柔術に組み込もう

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

 

どうもこんにちは。藤原です。最近スパーリングでXガードをやるようになったので、Xガードの教材を探していたら、いいものを見つけました。当ブログ&Youtubeでも度々登場いただいている、金古一朗先生による教材があるではないですか。というわけで、さっそくポチッてレビューをさせていただきます。

 

レビューはいいから、早速買うわという方はこちら

 

まずですね。自分はXガードはやりますが、シングルレッグXはやりません。っていうか出来ません。ですが、この教材ではシングルレッグXとXがセットなんですよその辺を含めてこのテクニックのコンセプトを金古さんに直接聞いてみました。

 

藤原ヒロミチ:シングルレッグXとXガードは昔からセットだったんでしょうか?それとも、近年セットでやる人が増えたんでしょうか?

 

金古一朗:2000年代前半にまずXガードが流行りました。その後2010年位からシングルレッグXが使われ出しました。それ以降この相性の良い2つのガードがコンビネーションで使われ出した印象です。

 

藤原ヒロミチ:なるほど。シングルレッグXが流行った背景は何があると思いますか?

 


金古一朗:これはXガードもそうですが当時の世界王者であるマルセロ・ガウッシアがバンバン使っていたからです。私自身もマルセリーニョのDVDで学びました。

 

藤原ヒロミチ:自分はなんとなくマルセロ・ガッシアがすごいのは知ってるんですが、知らない人に、マルセリーニョの凄さを説明してもらっていいですか?

 

金古一朗:マルセリーニョは道衣の大会はもちろんのこと、グラップリングの最高峰、ADCCでも4度の優勝実績を誇る2000年代を代表する柔術家、グラップラーです。バタフライガード、Xガード、アームドラッグが得意技です。道衣ありでもなしでも関係なく出来る技術に精通しているのが特徴です。

 

藤原ヒロミチ:シングルレッグXは自分で作りに行く感じですか?それとも、それ以前に何か別のガードとの連携で出すことが多いんでしょうか?

金古一朗:バタフライガードからの移行はマルセリーニョもよくやる一般的な方法ですね。
ただ、足に手がかかれば比較的簡単にセットアップ出来るガードだと思います。

 

藤原ヒロミチ:相手の下に潜り込むXや、一歩間違えばマウントを取られそうなシングルレッグXに無難に入るノウハウがこのインストラクションでは詳細に語られています。金古さん自身、このテクニックを習得する上で、最初は難しかったことなどありまか?

 

金古一朗:エントリーに関してはそこまで難しいと感じたことはないですが、特にシングルレッグXは外掛けしている足を外されたりすることがどうしても多くなるので、そこの対応は結構練習しました。

藤原ヒロミチ:外されたときの対応法も、かなり説明されていましたね。この動画はは下から相手の崩しを各方向に行い、そこから然るべきスイープにつなげるノウハウが満遍なく説明されています。これをまとめ上げる上で苦労したことはありますか?

 

金古一朗:特に苦労というほどのことはありませんでした。ただ、自身のアカデミーで指導している際に色々と躓く生徒さんが出てくるので、その辺を一緒に考えたりする中で自然とノウハウも蓄積されていきました。

 

藤原ヒロミチ:なるほど。生徒さんのフィードバックで練り上げられたんですね。シングルレッグXとXガード、これらを、まだ出来ないけれど、これから自分の柔術に組みこみたい。という人に向けて、こういう人は是非やったほうがいいですよ。というアドバイスがあればお願いします。

 

金古一朗:多分初心者の人が最初に使うオープンガードって片襟片袖、ラッソー、スパイダー辺りだと思うんですよ。これって全て相手の上半身をホールドするガードですよね。ただ、経験値が上の相手はスタンディングのベースを取って上半身に触らせないように攻めてくる人もいます。そういった際に下半身をホールドするガードを覚えておくとガードのディフェンス力が上がります。それはデラヒーバガードとかでも良いのですが、デラヒーバはどちらかと言うとアタック重視の攻撃的なガードです。シングルレッグXや、特にXガードは相手のアタックを止めるのにも効果的ですし、攻撃力もあります。なので足に絡むガードを何か覚えたい人にはいいのではないでしょうか。

 

藤原ヒロミチ:ですよね。それは僕も最近Xをよくやるので、下半身を前に出す相手に有効なガードであると思っていました。ありがとうございました。

 

というわけで、このインタビューをまとめると、こんな感じ。

 

・最近はシングルレッグXとXをセットでやる人が増えた。その背景にはマルセロ・ガッシアというスーパースターの存在がある。

・シングルレッグXもXも、相手の下半身を固めるガードである。スパイダーや片襟片袖などの上半身を固めていても、外される人は導入する意義が大いにある。

 

 

 

さて、ここからは、実際に目次を見ながら、そのレビューを書いてみよう。レビューと言うかほぼメモだ。ただ、私は割と技のメモ魔なので、実際に買った人には、結構役に立つと思うよ。

 

 

 

1 シングルレッグXのキープとスイープ
ケツを上げること。スイープするときは両足を持つのを忘れずに。


2 グリップの切り方1
シングルXに入る局面についてわかる。スパイダーで、相手が腰を前に出して無効化してきたときに相手の下半身を止めるような動きで入る。シングルXに入ると、相手は後ろに倒されまいと、私の袖ないし、襟を掴んで防ぐ。それをグリップカットする方法が
説明されている。

 

3 グリップの切り方2
相手が右手で襟を持ってきた場合の対処法。足を離すのは一瞬。実際のスピードがわかる。

 

4 オーバーフック巴スイープ

3と同じく相手が右手で襟を持っているが、腰を落として前に煽れないときは、袖をつないでXガード。コツは相手の手を前につかせたいこと。 

 

5 足を落とされた場合の対処1
シングルXのときに相手がアウトサイドの足をはずした場合、すばやく右足を相手の手前の足に切り替えて前に送り出す。そしてパンツを取り、再びシングルXにして、腰を上げてスイープする。(パンツをもっているからスイープできる)

 

6 足を落とされた場合の対処2
もう一つの解放は、Xガードに入れる。その際アンダーフックに変えるのが重要

 

7 ラペルを使ったシングルレッグX1
シングルXをキープしたいときは、ラペラで足を包む

 

8 Xガードへの移行とスイープ1
シングルXで相手のグリップが切れずに、ベースも強い場合は、前に送り出して、アンダーフックしてXガード


9 Xガードへの移行とスイープ2
スパイダー胸ハリで防がれたらシングルX・そのままスイープ仕様としたら、反対側に落ちたらアンダーフックして、Xガードスイープ

 

10 アンダーフック巴スイープ
Xガードで相手が襟をもってきたら、巴スイープ

 

11 オモプラータスイープ
Xで相手を崩したときに、相手がこっちに戻ってこないときはオモプラータ

 

12 三角絞め
Xで相手を崩したときに、相手がこっちに戻ってこないときは三角

 

13 草刈りスイープ
相手が襟のグリップを、背筋できったときに、Xから足を下げて草刈り

 

14 両足を持ってのスイープ
相手がベースが強いときに、揺り戻しでパンツとって後ろに倒す。

 

15 Xガードからバックテイク
くぐってベイビーボロ

 

16 Xガードからスイープしてレッグドラッグ
くぐってレッグドラッグ。頭を付く位置大事。

 

17 Xガードからサドルロック
相手に手をつかせて、脚のロック上下入れ替えて、足を抜いてサドル。非常にトリッキー。

 

18 シングルレッグX,Xガードへの移行ドリル

これは非常に重要。シングルレッグXやXへの入りの具体的なノウハウが公開されている。これだけでもこの作品を買う意味がある。

 

19 ラペルを使ったシングルレッグX 2

金古さんがワールドマスターの相手にやられた、最高に逃げられない技。

 

 

といった感じで、内容は非常に充実しています。そしてやはり、この教材の最大の特徴は、シングルレッグXとXがセットになっているところですね。国内でそのセットで教えている教材はおそらく無いと思います。最新の世界の技の研究を熱心にやっている金古さんならではの非常に緻密かつ穴のないインストラクションだと思います。

 

動画でもまとめて見ましたので、よかったら御覧ください。

 

 

さて、その金古先生のシングルレッグX&Xガードはこちらのサイト「シュラプネル・オンラインテクニック」で買えます。値段は3500円(税込)です。まずこの価格ですが、従来のDVDに比べたらだいぶ安いですね。それはこの作品が、オンラインのみの販売だからです。DVDだとどうしてもコストがかかるので、5000円くらいになるようですが、このブログでも過去に何度も言っているように、時代はもはやDVDではありません。オンラインです。なにせ画質が違います。DVDとフルハイビジョンでは、画質が全然違います。それから、DVDはプレイヤーが無いと見れないですが、オンラインはネットに繋がっていれば世界中どこからでも見れます。ブラジルからも見れます。

 

さて、オンラインと言われてもよくわかんないよ。という人のために、買い方、見方を説明します。

,箸蠅△┐坤ートに入れて買う。

 

金古さんから送られてくるメールを待つ。(自動返信ではないようです。)

 

メールにあるアドレスにアクセスすると動画が見られますが、注意点がいくつかあります。

・動画はダウンロードできますが、スマホでダウンロードしようとするとパッケージ全体で9ギガバイト近くあるので、ダウンロードするのなら、パソコンにダウンロードするのが現実的。

 

・ダウンロードしなくても、ストリーミングでも視聴可能。ただし、スマホの4Gなどの電波を使っていたら、すぐに容量オーバーするので、wifi環境推奨。

 

個人的には以下の方法で見るのがいいと思いました。

 

家にいるのなら、パソコンでストリーミングで見る。練習したいテクニックがあれば、それをスマホで直接撮影して、道場などで見ながらドリルする。

 

また、動画はいつまで視聴できるの?という疑問がある人もいると思うんですが、基本的に金古さんがサービス停止したくなるまでずっと見れるとのこと。その際はアナウンスするとのこと。どうしても気になる人はダウンロードするべきですね。

 

いちいち動画をスマホに転送とかかったるいので、これが一番いいです。

 

おおっと、ここで金古さんから、この記事に対するアンサー動画きました。

わかりやすいですね。

 

というわけで、今XガードとシングルレッグXを調べていたあなたは、この教材超オススメですよ。

 


『サイドコントロールからの腕十字』金古一朗のUBMサブミッション編

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

大人気アルティメットベーシックメソッドのサブミッション編の最終回はサイドコントロールからの腕十字です。当たり前なことをでも、なんで新しい発見が毎回あるのか驚きです。スーパーテクニシャン金古一朗先生のスーパー柔術テクニック。今後もみたいですよね?個人的には次はエスケープ編をみたいです。正直このシリーズで私自身も役に立つテクニックいくつもありました。ラッソの手の巻きつけ方とか、バックコントロールの足の抜き方とか実際に使ってます。そしてさらにアドバンストなテクニック似興味のある方、下記のシュラプネルオンラインで技別で販売していますので、チェックしてみてください。売れているそうですよ。今回の巻末インタビューは「40代で柔術を始める人達へのメッセージ」です。こちらもお見逃しなく。というわけで今回も金古先生ありがとうございました。そしてまた次回もよろしくおねがいします。藤原

 

シュラプネルオンラインショップ(テクニック動画多数あり)

 

 

 


『クローズドガードからの腕十字』金古一朗のUBMサブミッション編

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

クローズドガードから腕十字ってなんか、白帯相手にしかかからないのかと思ってました。でもこのプロセスを踏めばイケる気がします。全然関係ないんですが、最近以前の動画のアルポのバックフックの下の足を抜く方法を活用しています。ちょっとしたことなのに、効果てきめんです。皆さんもどうぞご活用あれ。

シュラプネルオンラインショップ(テクニック動画多数あり)

 

 

 


| 1/6PAGES | >>

Let's Bjj オンラインショップ

letsbjjonlineshop
オリジナルグッズ販売しています。

おすすめ道場

プロフィール

柔術家がよく見るページ

マスト

Scivation XTEND / サイベーション エクステンド (レモンライム 1kg)
Scivation XTEND / サイベーション エクステンド (レモンライム 1kg) (JUGEMレビュー »)

世界の柔術家、御用達BCAAサプリ SCIVATION XTEND おそらく普通の人はこれ1つで1年持つでしょう。これ飲んで強さを加速させよう。私はレモンサワー味一択です。

マスト

ブラジリアン柔術教則本 DVDつき
ブラジリアン柔術教則本 DVDつき (JUGEMレビュー »)
早川 光由
柔術の基礎を学びたかったらこの本を買ったほうがいいです。ただし、本気で学びたかったら実際トライフォースに来て学んだほうがいいです。本では気が付かない驚くほどのディティールを詰めて教えてもらえますし数年やってる私でも毎回新しい発見があります。ここに書いてあることだけで紫帯くらいまでは優勝できる。と言っている人もいました。ちなみにこれはトライフォースのベーシックカリキュラムの教則にもなっている本で、トライフォースネットワークのインストラクター資格が欲しかったらすべて再現できなければいけません。これから柔術を始める方は持っていても損はないでしょう。数多とある柔術の動きを、基礎はこれだ!とこの1冊にまとめ上げた早川先生はすごいと思います。あの技はないの?というのもあるかもしれませんが、あえてこのようにまとめているのです。また、一つ一つの技は技として有効だと教えているわけではなく、意味のある動きの集大成である。と先生に聞きました。どういうことかというと、今後覚えていくであろう技にも、きっと含まれている動きで、それは柔術の効率的な身体動作のエッセンスの集大成を意味します。

マスト

ブラジリアン柔術ベリンボロ
ブラジリアン柔術ベリンボロ (JUGEMレビュー »)
芝本 幸司
師匠の本がついに発売。ぶっちゃけ初心者向けではないですけど、モダンの動きを取り入れたい方にはオススメです。個人的には、もっと芝本エピソードを盛り込んでほしかった。芝本先生は文才も結構あるんです。ベリンボロコンセプトは、現代の競技柔術では、多用されていますし、これを知らないとガンガンかけられてしまうでしょう。この本に書いてある技術は、芝本先生編のベリンボロで、巷にはこれ以外の使い方もあると聞きます。是非ともこれを見て分析の一助にしたり、自分なりのルートを作ってみてください。ちなみに、僕はベリンボロは習えばだれでもできる技だとは思いません。ベリンボロ向きの体型や体の柔らかさ、もっといえばセンスが大きく占めていると思います。選ばれしものしかできないんです。それを追いかけるロマンがあるのでしょうね。

目次

このブログは時系列に読むのががおすすめです。 始めて来た方は以下の目次順にお読みください。

Fujiwara other works

crossamerica
2016年に行ったアメリカ横断レポです。
Facebook
私のフェイスブックです。気軽にフレンド申請してください。
soundcloud
実は音楽も作っています。テクノとかゲーム音楽です。

PR

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

その他

mobile

qrcode